バーチャル・ギャラリーについて

大成建設ギャルリー・タイセイはバーチャル・ギャラリーをつくり、このなかで当社所蔵作品の公開を軸に、さまざまな角度からル・コルビュジエをご紹介してまいります。

舞台となる施設は、ル・コルビュジエが計画し実現できずに終わった《アーレンバーグ美術館》です。この美術館計画を参考につくりあげたバーチャル・ギャラリーのなかで、展覧会を体験していただきたいと思います。
展示室は大きく2つのコーナーからなり、ル・コルビュジエの業績が概観できる「常設展」と、展示替えをしながら、ル・コルビュジエの作品をさまざまな視点からご紹介する「企画展」に分かれています。

INTRODUCTION(シナリオより)

バーチャル・ギャラリーに姿を与えたのは《アーレンバーグ美術館》。 建築家ル・コルビュジエが計画するも実現しえなかった作品だ。 橋の先、外と内をつなぐ儀式的空間をくぐりぬけると解放された空間が現れる。

ル・コルビュジエが目指したのは「人が幸せになる建築」だった。 自然と調和し、太陽と共に起き、月と寝る生活。

ストックホルムの海に反射した光が、大きな連続窓を通して、天井に水面を映す。 都市にいても自然の気配を感じられる。

開けた2階に対し、1階は最小限の人工光に支えられた、作品と対話する空間だ。

ル・コルビュジエの作品はギリシャ神殿、古典的建築の歴史を内包する。 模倣ではなく編集。そして彼は諸芸術の統合をめざし、その建築は世界中に多大な影響を与えた。

ピカソのキュビスム、デュシャンのレディメイドなど、新しい芸術の潮流が次々と生まれた20世紀に、ル・コルビュジエは独自の美意識で時代の表現を選別し、融合した。

ル・コルビュジエは作風を変えながら、生涯にわたって描き続けた。
純粋な幾何学的形態表現の追求に始まり、動きのある自在な描線、肉感的な立体表現、単純な線で描く象徴的なモチーフへと表現方法を変え、色彩も徐々に強い色へと変化していった。
厳格な幾何学的構図の中に描かれるオブジェは、どこか柔らかで有機的だ。
これこそル・コルビュジエのアイデンティティなのだろう。

芸術家としてのル・コルビュジエは絵画・版画・彫刻・タピスリーなども制作。
特に筆を自由に走らせて表現できる絵画は、建築のための実験場でもあった。

ル・コルビュジエがなしえたこと、それは解放だった。
慣習への懐疑、美への気付き、自我の芽生え。

選択肢を得た人々は新たな価値を見つける。

遮りは外された。
私たちは見上げて問いかける、「幸せとはなにか」と。